富山祥瑞の大福帳(読書ブログ)
「大福帳」とは,江戸時代に商屋で使われた金銭出納帳で,現在の簿記のように勘定項目を分けずに取引の順に書き連ねた経営活動の記録。
この発想に倣い,ジャンルを問わず読んだ書籍の記録を順次残していく知的生産活動の日記としていきたい。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
184:『本で床は抜けるのか』 15:03
本で床は抜けるのか

 

●  まさに書名買い(amazon)した本

先日,facebook上で知人の書き込み ──『本で床は抜けるのか』の本の題名を見て心配になり本の整理をした ── が目に入ってきました。私にも書名の印象が強烈で,すぐにamazonで書名買いしました。

「本で床は抜けるのか」── 言葉としては聞きます。が,ホント〜に抜けるのか? 作者・西牟田靖氏の職業はルポライター,自宅近くに資料本の保管用に,築50年と古い木造アパート(2万5000円/月)を借りた2012年3月から本編ストーリーは始まります。

木造アパートの「床が抜けてしまうかもしれない」(p.12)不安を抱えつつ,作者自身が気になり出した事そのものが,取材と作者自身の体験で綴られています。

最後の2014年春の出来事は,寧ろテーマそのものではなく,読者としては想定外の結末でした。作者は書かずにはいられなかったのかも? ── いや,逆に書名の意味が込められているのか? ここは実際の読書で辿ってください。

 

● 木造住宅は1平米あたりの積載荷重180キロ,RC住宅で300キロ

西牟田氏は「床が抜けてしまった人たちを探しにいく」(p.29)のですが,真相の多くは盛った話,あるいは地震や床の腐れなど本そのものの影響ではなさそうです。「いったいどれが本当なのだろうか」(p.33)。

本当の所は分からないまま,取材は『捨てる女』(blog No.178)の内澤旬子氏に。彼女は「いつか読めたらとか,書けたら書きたいなんて資料を持っているのがバカバカしくなってしまった」(p.66)と。さて,彼女が,この業の中で得たものと,失ったものは・・・。

とは言え,この聞き出しは,読者の私には,本に限らず雑多な資料類の「断捨離」の後押しにもなりました。

 

● で,本当に抜けたものは・・・

中盤からのテーマ「持ち主を亡くした本はどこへ行くのか」の章(p.80〜)以降は,実に物悲しい。著名な作家や学者ですら,没後は「たいていの蔵書は売り払われたりして散逸してしまう」(p.85)ほど,本の末路は幸せでないようです。「遺族にとって残された本はゴミでしかないんです」とは,メディアや文壇での信頼が厚い蔵書整理を請け負う古書店主の談(p.102)。

となると,本書の展開としては「自炊(=スキャンによる書籍の電子化)」のルポが,ド〜ンと登場しそうな様相ですが・・・そうでもありません。ここからが本書の後半戦となります。確かに,それ相応の理由で電子化に踏み切った取材先もあります。でも,書庫を作った人もいます。

書籍だけではなく,先祖の仏壇,家系の写真,実家の樹木をアーカイブスとしても移動させた「狭小物件のコンクリート円形書庫」を建設した大学教授 ── 自分の今と,先祖の居場所を「書庫建物」とした実例紹介は,現代の相続問題の解決の一つとしてリアリティが在り有りでした。

 

で,「本で床は抜けるのか」の真相は不明に終わるのですが,実は,本当に抜けたものは・・・。

 

『本で床は抜けるのか』(西牟田 靖,本の雑誌社,2015年)税別1600円

 

[追伸]

帯(本で床は抜けるのか

帯に記された箇条書き(右写真) ──

【本書に登場する人たち】

蔵書をまとめて処分した人(内澤旬子)

蔵書を電子化した人(武田徹,大野更紗)

私設図書館を作った人(内記稔夫,中野純・大井夏代)

大きな書庫を作った人(松原隆一郎,草森紳一)

 

読書後の憧れは,最後に登場の「大きな書庫を作った人」松原隆一郎・東大教授の「もともとは祖父母の仏壇を入れるため」(p.195)に建てた『狭小住宅でもある書庫』(2013竣工)。

載っている建物内部の写真,そのキャプションには「円形の吹き抜けの周囲に書籍が,らせん状に配置されている」(p.211)。「大学に行っているとき以外は,朝から夜の7時半まで,ずっとここにいます。使い心地はすごくいいです。だけど夜は家に帰ります」(p.166),なんだか,もう一つの出勤先のようで,凄く憧れるスペースの実現ですね。

 

[追伸の追伸]

本書は,ウェブマガジン『航』の連載「床抜け」を単行本にしています。

第10話(http://magazine-k.jp/2014/02/26/why-do-they-build-personal-libraries/)には上記の「狭小住宅でもある書庫」がカラー写真で紹介されています。狭小ながらも文章だけでは勝手に「豪邸」と思い込んでいましたが「庶民的な書庫」で,現実味があります。

「最終回」後も,当シリーズ(http://magazine-k.jp/author/nishimuta-yasushi/)は続いていて,その1年後も作者の近況が伝わってきます。

| ルポ・エッセイ | - | - | posted by tomiyama - -
<< NEW | TOP | OLD>>