富山祥瑞の大福帳(読書ブログ)
「大福帳」とは,江戸時代に商屋で使われた金銭出納帳で,現在の簿記のように勘定項目を分けずに取引の順に書き連ねた経営活動の記録。
この発想に倣い,ジャンルを問わず読んだ書籍の記録を順次残していく知的生産活動の日記としていきたい。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
179:『はだかの王さま』 20:11

はだかの王さま

 

● 大人になって絵本を読む

むか〜し読んだ本で,いま再び「読まなきゃ!」って思った絵本が,この『はだかの王さま』です。

いろんな絵で出版されています。読んだ(というか読んでもらった)のは,おそらく小学校1年生の時。思い出の絵とは違っていましたが,ストーリー展開はもちろん記憶と同じです。

 

ご存知,話の展開は,魔法の布でつくった服を着てパレードに出た王様,服が美しく見えるのは賢い人だけ。見物人は声を合わせて叫びます「やあ,王様の新しい服は,なんときれいなんだろう!」── みんなが褒めている服が自分には見えないことを知られたくありません。

一人の子どもが言いました「王さまは,なにも着ていないよ!」。

 

● 政治に無関心でも,無関係ではいられない

今時の社会情勢の潮流というか,妙に納得する雰囲気,なんだか「クウキ」感に流されていませんか! と警鐘を鳴らしているようです。

 

「仲間の国などが攻撃された際に,日本は一緒に戦う『集団的自衛権』が必要ですよ」

「原発は恐くありません,事故は収束しています」

「根拠のない風評に対し,国としても全力を挙げて対応します」(マンガ『美味しんぼ』原発描写への首相発言,直後に休載が決まる)

 

子どもの頃に読んだ,このアンデルセン名作を,いまこそ思い出して欲しい! と切に願っています。この絵本が『図書館戦争』での描写のように,発禁図書となりませんように(未来を深刻に考え過ぎか・・・)!

 

●「クウキを読む」と言えば・・・

芥川賞作家・藤原智美氏の『検索バカ』(blog No.177),ちょうど『はだかの王さま』を,大人に向けて解説した内容になっていることに気づきました。

「クウキが支配する帝国」(場のクウキを読んで無自覚に自分を合わせてしまう私たちの日常)への指摘です。

 

『はだかの王さま』(アンデルセン,乾 侑美子 訳,バージニア・リー・バートン 絵)

岩波書店,2004年,1700円

[追伸 1]

「すこしづつ終活してます」「小学校の3年で戦争勃発,女学校の1年で終戦。少なくなってきた戦争体験者の一人」と語る都内に住む81歳のおばあちゃんのツイッター(https://twitter.com/hiroloosaki)での「子供の頃,軍国少年少女だった私達の世代,知ってる事は語り継がないとね」の内容は,『はだかの王様』で叫ぶ子どもの声のようです。

「真実に近い事を言うと,風評被害って言うんですか?」(5/24)

「私達の世代の人達は『大本営発表』で育ってきました。・・・都合の悪い事は大本営発表です。自己判断しましょう!・・・」(5/19)

『今もこれからも,続くであろう『大本営発表』困ったもんです。信じるな!」(5/18)

 

政治家? いいえ「さて お日様が顔を出しました。仕事に出かけようかな::? 私の仕事って自分の健康管理です 散歩は仕事だと思って歩いています!」(5/27)ってツイートする素敵なおばあちゃんのようです。

 

[追伸 2]

当ブログを書いた2014年時,本文の最後に「『クウキが支配する帝国』(場のクウキを読んで無自覚に自分を合わせてしまう私たちの日常)」と表現しました。3年後の2017年に「忖度(そんたく)」なる語彙が流行語大賞となり定着するなんて思いもしませんでした。森友学園問題と加計学園問題に際し,政府の意向を酌み取る行動を指します。(2018年3月 追記)

| 社会科学 | - | - | posted by tomiyama - -
<< NEW | TOP | OLD>>