富山祥瑞の大福帳(読書ブログ)
「大福帳」とは,江戸時代に商屋で使われた金銭出納帳で,現在の簿記のように勘定項目を分けずに取引の順に書き連ねた経営活動の記録。
この発想に倣い,ジャンルを問わず読んだ書籍の記録を順次残していく知的生産活動の日記としていきたい。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
165:『会社と仕事を変えるデザインのしかけ』 12:26
165:会社と仕事を変えるデザイン

斜め読みした際は「デザインのしかけ」というタイトルの割には,随分と短期的な話題提供が多いな! と思ったものでした。
でも,読み飛ばしていた「はじめに」をしっかり読むと,もの凄く納得させられました。

そのメッセージとは ──「長期的な視点でデザインを戦略的に取り組むべきだという意見が相当多いはずですが,長期的なことよりも,生きのびるためにまず目先の売上が必要です。その場しのぎに過ぎないと言われるかもしれませんが,その場しのぎをきっちり繰り返して,結果的にデザインを会社に取り込めればいいのです」(「はじめに」要旨)。
会社のデザインの仕掛けとしては,末節に見えがちな,名刺デザインの話や,印刷物の書体の話が何ページも何回も出てくるのは,経営の機会損失を招く残念な会社にならないための作者・中野由仁氏からの重要な警鐘なのです。
激安ショップの経営なら分かるけどプリンター出力のチープな名刺,ペラペラのコピー用紙の商品カタログ,独自ドメインを取得していないホームページ・・・いずれも経費節減がビジネスチャンスを失っている残念な会社の例です。

「まずは無理をせず,目先の利益を確保しながら順々に行う」(p.05)ために,中野氏が挙げているのが ──
(1)
身の回りのデザインから(p.57)です。
更に次の2点が加わります。
(2)料金の安いものから取り掛かる。
(3)時間的に早くできる順に取り込む。
6畳一間の自分の部屋から創業したという中野氏のデザイン観が伝わってきます。

大企業のデザイン戦略を語るのはかっこいいです。でも,数からすると小さな会社や創業したばかりのベンチャー企業こそが社会での大多数を占めます。
本書のサブタイトルにもなっている「残念な会社から,イケてる企業になるためのデザイン戦略」とは,厳しい環境で日々戦っている「小さな会社の経営者,企画や広告担当者の役に立つように,デザインと会社と仕事に取り組んでもらう方法」(「あとがき」より)を綴った具体的な視点集だったのです。

「デザイン戦略」を,難しく難しく考えがちな風潮に,一石を投じる内容だと私は思います。読書の遅い私も一気に読むことができました。

『会社と仕事を変えるデザインのしかけ』(中野由仁,クロスメディア・パブリッシング,2011年)1580円
[追伸]
あえて一般に誤用されている用語を用いたのかもしれませんが,本書では企業のマークを「ロゴマーク」と総称しています。
「ロゴマーク」とは厳密には「ロゴタイプ(文字の意匠化)」をマーク化した「読める図像」を指します。SONYやPanasonicなどが代表例です。一方,アップル社のリンゴは「シンボルマーク」で,ロゴマークとは呼びません(本書p.90の紹介マークは,正確には「ロゴマーク」ではなく「シンボルマーク」です)。
中小企業にありがちですが,シンボルマークに更にロゴタイプを組み合せたチグハグな「マーク」を見るにつけ,そのデザイン整理の必要性を感じています。
このごろではお役所でも「ロゴマーク募集」としながら,応募要項を読むと実はシンボルマークを募ったりしていることが多いのですが誤用なのです。
| デザイン思考・意匠 | - | - | posted by tomiyama - -
<< NEW | TOP | OLD>>