富山祥瑞の大福帳(読書ブログ)
「大福帳」とは,江戸時代に商屋で使われた金銭出納帳で,現在の簿記のように勘定項目を分けずに取引の順に書き連ねた経営活動の記録。
この発想に倣い,ジャンルを問わず読んだ書籍の記録を順次残していく知的生産活動の日記としていきたい。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
163:『1年1組の1にち』 18:13
1年1組の1日(再)

会社勤めで20年間やってきた「デザイン」や「マーケティング」が担当できる! 意気込みで,大学に着任し早10年目です。当初に想い描いていたフィールドは広がり,現在の関心領域は,狭義には「デザイン教育」,広くは「教育をデザインする」になってきました。
「教育」の「デザイナー」といったら,もちろん小学校の先生です。
「教育をデザインしたのが学校である」── 赴任先が主に小学校の教員を養成する教育学部であったことが,私の「デザイン」の視野をさらに広げてくれました。

そんな想いから『1年1組の1にち』は,まるで入社前の学生が憧れの企業のパンフレットをワクワクしながら眺める感覚でした。企業パンフレットは普通に目にすることができますけど,小学校の日常を追ったビジュアル書籍って,在るようで無いですね〜。

本書の展開は,午前8時16分の「きょうは一番」の子どもの一声に始まり,先生の「きをつけてかえるんだよ。またあしたね」を経て,夜中の教室まで,実際の小学校を舞台に,教室に備えた固定カメラで「教室」の営みを定点観察しています。もちろん,この教室の経営者は「先生」。カメラに写し出されている活動の裏側には,先生の「授業企画」が在り,教室の掲示物の一つ一つにも先生の「経営企画」が潜んでいます。給食では「1か月の給食ぜーんぶ」がラインナップ,現在の給食メニューが窺えます。

「学校の先生はたいへんそうだから」と,企業への就職活動に走る教育学部の学生も一部にいるようですが,企業に「たいへんでない仕事」が在るとしたら,お目にかかりたい。むしろ,ビジネス新入社員ではやらせてもらえないような「企画」を,学校の先生は初年次からチャレンジできます。

40枚の写真集ですから,眺めるだけなら数分で読了ですが,ぜひぜひ,教室の細部に至るところまで,未来の小学校の先生には読み解いて欲しい写真情報が詰まっています。キリクチを変えて観ていくなら,1ページ毎に,大学・教育学部の授業1コマ分は情報(教室設計,掲示物の配置,机の配置,子どもの服装・先生の服装,板書,教材,給食シーン,掃除道具,・・・)があると診ます。

かく言う私,20〜30歳台の頃は「ビジネス・広告・街づくり・建築」というデザイン思考領域は多少あったものの,「教育」分野が未来社会へのデザインであるという考え方のキャパシティは皆無でした。
この『1年1組の1にち』も書店でスルーしたことでしょう。いま教育学部で学ばせてもらっています。

『1年1組の1日』(川島敏生 写真・文,東京都小平市小平第六小学校,アリス館,2010年)1600円
[追伸]
卒業生が教えてくれた教育に関する格言に「子どもは未来からの留学生」があります。
考えてみると当たり前のことですが,いま現在の日常を中心に考えてしまうと,ナカナカ認識できることでもありません。忘れがちです。

南極大陸
昨年,TVドラマ『南極大陸』(出演:木村拓哉,綾瀬はるか,堺 雅人,ほか)の最終回エンディングロールでの1シーン。
・・・児童「じゃあ,美雪先生の夢って何?」,先生(綾瀬はるか)「先生の夢はね・・・・・・みんなをちゃんと未来に送り出すことです」(『日曜劇場 南極大陸 公式シナリオ&ドキュメントブック』東京ニュース通信社,2012年)。

たった数秒のシーンでしたが「子どもは未来からの留学生」を語る映像版として,とても印象深いものでした。

| 教育科学 | - | - | posted by tomiyama - -
<< NEW | TOP | OLD>>