富山祥瑞の大福帳(読書ブログ)
「大福帳」とは,江戸時代に商屋で使われた金銭出納帳で,現在の簿記のように勘定項目を分けずに取引の順に書き連ねた経営活動の記録。
この発想に倣い,ジャンルを問わず読んだ書籍の記録を順次残していく知的生産活動の日記としていきたい。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
161:『アイデアを形にして伝える技術』 15:01
アイデアを形にして伝える技術

随分とブログの更新が空いてしまいました。何かと気忙しい1か月でした
が月並みな言い訳。今回紹介する本も小分け小分けで節ごとに読み進めやっと読了です。

作者・原尻淳一氏が恩師の鶴見良行先生のご自宅で知的生産の技術現場を目のあたりにした大学院の学生時代の回想から始まります。この時,原尻青年は「早く受験勉強の学習スタイルから脱却し学習スタイルそのものを『アウトプット(出力)の構え』に変換しなければならないと猛省」。
「鶴見先生のレベルまで行くには相当な時間がかかるかもしれないけど社会人になったらこの『仕組み』を持とうと決心」,それから15年後に著されたのが本書『アイデアを形にして伝える技術』です。
アイデアを形にして伝える技術を築くための身構えとして大学生くらいに読んでもらいたいと感じた本です。

〈第一部 インプットの技術〉と〈第二部 アウトプットの技術〉から成ります。広告代理店でのビジネス現場を経た作者ならではの「仕組み化(=継続してアイデアが生まれる装置)」と,アイデアを形にする「企画術」の型(フォーマット)の重要性が綴られています。

読者としての私の興味は[第4章 型の効用]と[第6章 企画書を書く]でした。
「『型』といきなり言われると『型にはまるという慣用句があるように何だか独創性を削がれるような気がしていい気分ではありません」(p.113)という前置きをしつつ「型は型にはまるものではなく自分自身にフィットさせつくりあげていくもの」(p.119)。

ビジネスパーソンであれば誰もが痛感するのですが企画書を作る能力は一朝一夕では体得できません。作者はどのようにして能力を開発したのか? ── これに関しても作者は「学びの型」を持っていたようで次のように披露しています。
「広告代理店に入社して初めて配属されたマーケティング局で,50人近くいる先輩の優れた企画書を密かにコレクションする作業を始めました。自分がたずさわる『ビジネスのレシピ集』をつくろうと考えたのです。(中略)それをわたしは『名作ファイル』と呼んでいました。名作ファイルは大きく
『企画の型』のファイル『デザイン見本』のファイルの2種類に分かれます」(p.160)。
「企画の型ファイル」は全体像を把握するヒント
片や「企画の型ファイル」は図解等のヒント用だったそうです。

これら作者の知的生産活動への取り組みは鶴見先生のスタイル(写真・読書カード・フィールドノート)が原点。本書には「鶴見良行先生の膨大な読書カードの一部」(埼玉大学・社会共生教育センター保存)の写真が大きく掲載されていますが恩師へのリスペクトを表したものだと察します。

『アイデアを形にして伝える技術』(原尻淳一講談社現代新書2011年)720円
[追伸]
作者については,コツと習慣,技術と習慣を指した「○○HACKS!」の仕掛け人と言った方がピンとくる人が多いのではないでしょうか。

原尻氏が提唱する,情報を集める技術の磨き上げ, そして,そもそもインプットはアウトプットのための手段,それらを統合するクリエイティブとは天賦の才にではなく修行の習慣化に依る,という全編を通してのメッセージには,とても共鳴しました。
個々人が「情報循環の触媒となり,アイデア生産に寄与する」(p.47)クラウド時代が到来し,今や「アイデアを形にして伝える技術」は万人の素養にもなってきています。


『IDEA HACKS!』(掲示のジャケット写真の帯にある小山龍介氏との共著,2006年),『PLANNING HACKS!』(東洋経済新報社,2007年)は書店に常備されているほどの売れ筋です。それらを機に,多くのHACKS!ものが登場しました。
| 知的生産の技術 | - | - | posted by tomiyama - -
<< NEW | TOP | OLD>>